聚 vol.2

お久しぶりです。椿 静琉でございます。 冒頭から近況報告という名の告知です。 第19回文学フリマに参加される文芸サークル“みどりむし書房”さんのサークル誌『聚 vol.2』に私、椿 静琉も参加させていただきます。椿は今回、2度目の参加になります。 毎回テ…

レベッカ

連続投稿失礼いたします。椿でございます。 映画の次は読書です。 今回はダフネ・デュ・モーリア著の『レベッカ』でございます。 バンドのレベッカとは一切関係はございませんので悪しからず。

ひとり映画祭 Part2

どうも、椿でございます。 久々に映画を2本観てきましたので鑑賞記を。 詳しいあらすじはGoogle先生に聞いてください。

音楽鑑賞記・弐

どうも、梅雨が突入している中、段々仕事に慣れ始めて油断をしがちな今日この頃を送っている椿でございます。気を引き締めていきます。 先月に引き続き、音楽鑑賞記。 最近、歌詞に注意して聴いている傾向があると思います。

短歌vol.3『花まつり』

どうも、椿でございます。今回の短歌はお花ばかりです。あと恋愛系。 ちなみに花言葉はこちらのサイトの引用でございます。 花言葉事典 花言葉を解説する花ことば、誕生花の辞典サイト

音楽鑑賞記。

どうも、口内炎がしんどい椿でございます。ついでに何故か背中がピンポイントで痛いです。(知らんがな) 只、最近聴いた音楽を羅列していくだけの単純な作業をします。

ロマンス

連日、読書欲がフツフツと沸いてきている椿でございます。 今回も読書感想文。 (※以外ネタバレが含まれます、ご注意ください。)

マーチ博士の四人の息子

こんにちは、椿でございます。只今、2008年の嵐のライブDVDを見ながらブログを書いてます。久々に読書感想文を書こうと思います。マーチ博士の四人の息子 (ハヤカワ文庫HM)作者: ブリジットオベール,Brigitte Aubert,堀茂樹,藤本優子出版社/メーカー: 早川書…

ひとりショーン・コネリー映画祭

先日、BSで放送された映画『風とライオン』を途中から観たらショーン・コネリーがとても恰好よくて他の作品も観てみたいと思って蔦屋に駆け込みました。 風とライオン [DVD]出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント発売日: 2009/06/26メデ…

短歌vol.3『春を謳歌』

どうも、椿でございます。 3月が過ぎて『笑っていいとも! 』も終わり、気が付いたら4月になっていました。 変化が訪れる時期です。私自身にも変化がありました。実感はまだ湧いていません。 不安な気持ちも強いですが理想とする自分に少しでも近づける様に…

短歌vol.2『バレンタイン短歌』

ハッピーバレンタイン。バレンタインの縁のない椿でございます。 悔しいので思いついた短歌を載せます。今回は写真はないです。

短歌vol.1『椿、短歌始めるってよ。』

月に一度短歌を載せられたらいいなぁ。そんな願望交じりでやってみようと思います。今年の創作面での目標です。でも俳句にも興味を持ち始めるという優柔不断ぶり。 それでは。

治癒

喜びも悲しみも誰かと共有することが出来る。 今はボタンひとつ押すだけで何でも共有しようと可視化する私たち。 でも傷は誰とも共有することは出来ない。 寧ろしようとも思わない。 私の傷は私だけのものだから、傷は誰にも触れられたくない。放っておいて…

恋文。

どうも、今晩は。診断メーカーに「愛読書は『NKJ ver.New Testamentとロランの歌(未読)とフランシス・ジャム詩集全集とマリア様が見てる(未読?)と聖アレクシス伝(未読)と夏のあらし!』です。」と診断された椿です。全部知らない! http://shindanmak…

ひとり映画祭。

どうも、診断メーカーに「椿 静琉に『Trick or treat』と言うと、ちょっと困った顔をして「はい、甘いの」と唇にキスをされます。 http://shindanmaker.com/285458 」というチキンスキンが発生しそうな診断をされた椿です。 先日、ひとりで映画を2本も見て…

金田一耕助VS明智小五郎

金田一耕助VS明智小五郎 (角川文庫) 作者: 芦辺拓,杉本一文 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング) 発売日: 2013/03/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (7件) を見る 遅ればせながらドラマ『金田一耕助VS明智小五郎』を観ましたので…

ギリギリ歯ぎしりレッツフライ♪

今晩は、診断メーカーに1026歳で死ぬと診断された凄く長生きな椿です。映画『地獄でなぜ悪い』を観てきました。園子温作品、初体験です。 あらすじの説明は面倒くさいのでGoogle先生に聞いてください。 Twitterでもつぶやきましたが題名に偽りなし、とんでも…

陶器市。

どうも今晩は。診断メーカーに夏目漱石が『月がきれいですね』、二葉亭四迷が『しんでもいい』と訳した「I love you」を『賢いふりは、もうできません。』と訳しましたと診断された椿です。確かに理性は働かないだろうと頭では理解しつつも自分の言葉だと考…

ひとり寺山修司映画祭。

日本映画チャンネルの岩井俊二監督のマイリトル映画祭で寺山修司の特集を見て興味を持ち、蔦谷で二本の映画を借りてきました。 最初は『無頼漢』 無頼漢 [DVD]出版社/メーカー: 東宝ビデオ発売日: 2005/05/27メディア: DVD購入: 1人 この商品を含むブログ (5…

梅、熟す頃。

先日は紫陽花でしたが、今日は梅の実です。 写真は紅梅の木です。紅梅は春の初めに花だけを愛でるものだと思っていました。おまけに5月、6月の頃には木から発生する謎のゼラチン成分が庭の芝生にボトボトと落ちていて、それを踏んでしまうのが非常に不愉快…

紫陽花のうた。

笑っていられるから空が晴れてわたしを祝福します。 涙が止まらないから雨が降り注いでわたしの苦しみを洗い流します。 いつも笑っていられるわけではないけれど、いつも苦しいだけじゃないことをあなたは知っている。 だからわたしは傍にいる。永遠は叶わな…

横浜スタジアム。

行ってきました。家族と千葉ロッテVS横浜ベイスターズの試合を観戦しに。そして一言、 ベイスターズのマスコットキャラクターはいつの間に星からタヌキになったのだよ?! 球場に行ってビックリしました。あまりの衝撃に某バスケ漫画のCV小野大輔氏のキャラク…

Never Ending World

SEKAI NO OWARIのアルバム『ENTERTAINMENT』と『EARTH』を聴きました。 「RPG」 (アールピージー)初回限定盤A 【CD+限定ライブCD】アーティスト: SEKAI NO OWARI出版社/メーカー: トイズファクトリー発売日: 2013/05/01メディア: CDこの商品を含むブログ (3…

非実在団体・読むシカないの会、発足。

タイトルは大学生時代に広告制作やHP制作の授業課題で悪用しまくった架空の団体です。名前はダジャレです。ダジャレは敬愛する高垣彩陽さん(声優)へのリスペクト精神です。 ブログで読書感想を記載する際、カテゴリーに只の“読書”とするのが味気ない。そし…

秘密。

人を追いかけていた。その人はトンネルに入り込んだ。僕は後を追いかけようとした。「その秘密を無理やり暴き立てるというのなら、このトンネルを抜けなさい」 追いかけようとした僕の後ろから女の声がした。 「でも、覚えておいて。そのトンネルを抜けて、…

サロメ。

サロメ (岩波文庫)作者: ワイルド,Wilde,福田恒存出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2000/05/16メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 72回この商品を含むブログ (71件) を見る 昨年、多部未華子主演で公演された舞台に興味を抱いて読みました。 『サロメ』はユ…

Shout to the Walls!

ブログ開始4日で公約違反。本と小説以外のことを書きます。 音楽鑑賞は就活の履歴書には書けないけど趣味の内のひとつです。音楽を聴くことによって小説の種になることは多いですし、何より精神安定剤的な役割も担っていると思います。 Shout to the Walls!…

ピエールとクロエ。

ピエールとクロエ作者: アンナガヴァルダ,Anna Gavalda,飛幡祐規出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/04メディア: 単行本この商品を含むブログ (5件) を見る 短時間で読みきれるフランス産の小説。 夫が愛人と共に逃げてしまい、ふたりの幼い娘たちと共に残…

綾小路 充の眼前。

この人から全てが始まったと言っても過言ではない。 中学生の頃にぼんやりと思い描いていたキャラクターが綾小路 充です。大学生になって文芸制作サークルに入った頃に何となく彼を思い返して、短編小説に主人公の女装癖な友人として書いてみたら同じサーク…

ブログ、始めました。

初めまして、椿 静琉と申します。本好きが高じて小説を趣味で書いております。この名でTwitterで自キャラに関することをつぶやいたり、文章投稿サイトに書いた小説を投稿したりしていたのですが、そちらじゃ何だか物足りなく感じてきたのでブログを始めるこ…